大学院(博士課程)入学を希望される方へ

 

当教室は、プライマリ・ケア、総合診療/家庭医療領域の学術を牽引していく、意欲ある方を求めています。


当教室の特徴

プライマリ・ケア、総合診療/家庭医療に特化した、日本では稀有な研究部門です。

・日本プライマリ・ケア連合学会で最も質の高い臨床研究を発表したものに贈られる日野原賞受賞者を輩出し、活発に研究成果を国際学術誌に発信しています。

大学院授業細目:

地域医療プライマリケア医学

Community Health and Primary Care Medicine

・出身大学・学部・職種を問わず、様々なバックグラウンドの方を歓迎します。

・社会人大学院とフルタイム大学院どちらも対応可能です。

・院生1人に対し、複数の教員が手厚いメンタリングを行います。

本専攻では、プライマリケア医学・家庭医療学の理論的背景を身につけるとともに、clinician-researcherとなるために必要な疫学・臨床疫学・生物統計学を理解し、臨床研究へ応用できる能力を養います。

さらに、臨床研究のプロセス、すなわち日常診療や日常医療業務上での疑問をリサーチクエスチョンに昇華させ、プロトコールの作成から実施、解析、発表に至る過程を経験します。

大学院卒業後は、医療人として診療や業務にたずさわりながら、その中で臨床研究を自ら実践し、さらに後進の指導をしていけるよう知識と技術を身につけます。

入学に関してご質問やご相談を希望される方は以下までご連絡ください。

E-mail:clinicalepi(at)jikei.ac.jp

©2020 by 東京慈恵会医科大学 臨床疫学研究部